【Woomaxブログ】異性の部下にどのように接したらよいか

異性の部下とどのように接したらよいかわからないと
上司が悩みを抱えるケースがあります。

巷でも、
「男性にはこうするのがよい」
「女性にはこうするのが良い」という説をよく見かけます。
例えば、男性部下は褒めて育てるのが良く、
女性部下には感謝を伝えるのがよい、など・・・。

それが上手くいく場合ももちろんありますが、
実践してみたものの
結局あまり関係性が良くならなかったということもないでしょうか。
「当てはまらなかったから
彼/彼女は、男性らしくない/女性らしくない」などと
思い込んでしまう場合には、要注意です。

様々なタイプと背景を知ることが大切

理想的なコミュニケーションスタイルが
性別によって必ずしも当てはまるとは限りません。

性差を知ることもたしかに
異性への理解を深める大事なポイントですが、
それ以外の様々なタイプにも当てはめてみることが大切です。

例えば、
コミュニケーションが好きな女性にはフラットに接する、
体育会系女子には上下関係を尊重して接する、などです。

相手はどんなタイプか、
様々なタイプに当てはめてみると
コミュニケーションが取りやすくなります。

実は上記のフラットに接するか、上下関係を尊重して接するか、は
同性の部下や、男性部下の場合にも通じます。

様々なタイプを知ることは、
性別だけにとらわれず、
チーム全体のマネジメントを円滑にすることができます。

部下育成マネジメント研修では
この他にも社会的背景による男女の違い、
脳科学に基づいた男女脳・女性脳の違い、
様々なリーダーシップタイプのご紹介などを
取り入れることがオススメです。

この記事が気に入ったらいいね!

女性活躍推進のご提案事例集をプレゼントいたします

弊社への研修をお考えの方、弊社の研修事例を知りたい方にオススメの
ダイバーシティ・女性活躍の10例が詰まった事例集です。
《事例1》 女性社員のマインドとスキルを飛躍的に向上させたい
《事例2》 人事主導の「女性活躍推進」を全社展開したい
《事例3》 シニア層の女性リーダーにイキイキと活躍してもらいたい
・・・
すべての事例内容を知りたい方はボタンをクリック!