【Woomaxブログ】グループシンクによる問題が深刻化する前に

米国で特に男性社会の傾向が根強い投資ファンド業界。
その最大手であるコールバーグ・クラビス・ロバーツ社が
女性の採用拡大などダイバーシティ推進に乗り出しています。

その理由を、創業者のヘンリー・クラビス氏は
「グループシンク(集団浅慮)を回避するため」と述べています。
この危機感を持つことは非常に重要です。

「同じような考え方をする人間ばかりでは、
グループシンク(集団浅慮)に陥り、自然とバイアスがかかる。
多様な視点を持ち込むためには、人材を多様化しなければならない。
投資は好奇心がなければ成功しない。多くの情報を得られないと投資機会を失う」
(NIKKEI STYLEより抜粋)

ヘンリー氏の言う「グループシンクによるバイアスがかかる」状態が進むと
当事者たちだけでは、そのバイアスに気付き、
表面化していない問題を指摘することがますます難しくなります。

日本でも特に女性活躍推進法・働き方改革関連法の施行前後で
各業界・企業が女性活躍やダイバーシティ推進に取り組んでいます。
女性活躍推進法の施行以前から取り組んできた企業では
数値や風土に効果が出てきており、課題も新たなステップに移ろうとしている一方で
これから取り組もうと腰を上げ「どこから手をつけたらよいのかわからない」と
悩みを抱えている企業もあるなど、
最近は企業・組織によって課題感や進捗に大きな差が出始めていると感じます。

ダイバーシティを競争戦略として捉え推進するならば
問題が深刻化する前に、取り組み始める必要があります。

※画像はNIKKEI STYLEより転載

この記事が気に入ったらいいね!

【無料】研修事例集プレゼント!

弊社への研修をお考えの方、弊社の研修事例を知りたい方にオススメの事例集です。
女性活躍推進に関するご相談へのご提案事例をプレゼントいたします。