【Woomaxブログ】得意なコミュニケーションスタイルを活かす

働く上で欠かせないのが、「コミュニケーション」。
組織のダイバーシティが進み
関わる人が多様になってきている中、
求められるコミュニケーションスキルは
より高度になってきています。

コミュニケーションスキルとは、どんな能力でしょうか。
会話が弾むこと?
年齢・性別・役職などを越えて誰とでも話せること?
傾聴力?
相手の本音を引き出せること?

そしてあなた自身は、コミュニケーションスキルが高いほうですか?

本業の傍ら、カナダ・ケベック州にて女性活躍推進プロジェクトを立ち上げた
クレア・トゥジーニャ氏は、「コミュニケーションスキルの中でも
自分が”得意なコミュニケーションスタイル”を活かすことが
強みになる」と話します。

コミュニケーションスキルと一口に言っても、
具体的な方法は多種多様。
深彫りしてみると、
自分自身が得意とするスタイルがあるかと思います。
また、他者の得意とするスタイルも見えてくるでしょう。

例えば、昔と今では理想のリーダー像が変化してきているように
求められるコミュニケーションスキルは
組織・チームや、構成メンバーによっても様々です。

それぞれが得意なコミュニケーションスキルを認識し、研鑽し、
チームの中でどのように組み合わせるかによって
組織の強みをより発揮することができそうですね。

※画像はcafeglobeより転載

この記事が気に入ったらいいね!

女性活躍推進のご提案事例をプレゼント

弊社への研修をお考えの方、弊社の研修事例を知りたい方にダイバーシティ・女性活躍の10例が詰まったオススメの事例集です。
《事例1》 女性社員のマインドとスキルを飛躍的に向上させたい
《事例2》 人事主導の「女性活躍推進」を全社展開したい
《事例3》 シニア層の女性リーダーにイキイキと活躍してもらいたい
すべての事例内容をしりたい方はボタンをクリック!