【Woomaxブログ】少数派を不利に追いやらないために

某職場でこんなことが起きたそうです。
・同じミスをしても、多数派である同性の同僚は笑ってごまかされるが、
少数派である異性の自分はしつこく怒られる
・少数派である異性の幹部社員は、より手厳しい扱いを受ける
・幹部社員から自分へ「この職場では、全てを受け入れていたら身が持たないよ。
ある程度受け流すことも大事だよ」とアドバイスされる

これは、「男性」の保育士が実際に体験したことです。

この男性たちがどのような理由でこうした扱いを受けたかは
知る由もありませんが、
女性が少ない職場で、
女性が似たような立場に置かれることもあるかと思います。

つまり、必ずしも「性別」によって差別が生まれるのではなく
「多数派」と「少数派」の間で
こうした不平等な行動が行われる可能性がある、
ということです。

解決策として先日、弊社のメルマガでお伝えした
「閾値(しきいち)」を参考にする方法もありますが
少数派の絶対数が不足している場合もあります。

まず、私たちがこうした現状に意識を向け、
多数派や幹部の立場にいる場合は特に
「少数派を理不尽に追い込んでいないか」を
“組織”の課題として改善することが
重要だと感じます。

※Photo by rawpixel on Unsplash

この記事が気に入ったらいいね!

お問い合わせはこちらから

各種研修・コンサルティングのご依頼を承っております。
ご要望に応じて研修プログラムのカスタマイズが可能です。
ぜひお気軽にご相談ください。