女性採用比率など情報公開で女性の応募高まる【Woomaxブログ】

総務省は「女性活躍の推進に関する企業の取組と効果」に関する
アンケート調査の結果を発表しました。

調査結果から、
女性の採用比率などを公表している企業のほうが、
女性の応募率が高い傾向にあるとわかりました。

2017年度の応募者の女性の割合が
「女性採用比率」を公表している大企業では平均37.4%、非公表では32.6%、
「平均勤続年数の男女差」を公表している大企業では38.5%、
非公表では32.6%となっています。

また中小企業でも、
「女性採用比率」を公表している企業では39.8%、非公表では32.9%、
「平均勤続年数の男女差」を公表している企業では41.7%、
非公表では33.4%といずれも差がついています。

公開情報の項目としては
「女性の採用比率」「勤続年数の男女差」に加え、
「月間の平均残業時間」「女性管理職の比率」が
調査対象となっており、
いずれにおいても公開している企業のほうが
女性の応募者比率が高い結果が出ています。

ただし年次ごとの推移を見ると
必ずしも応募割合が増加しているとは言えず、
公表することでの影響・効果は
まだ慎重に見ていってもいいのかもしれません。

同省は、情報公開が優秀な人材獲得に繋がり
企業側にもメリットがあるとして、
厚労省に対して
女性活躍推進法に基づき公表を後押しするよう求めました。
すでに大企業の半数近くが
それぞれの項目について情報公開しており(同調査結果(5)・P7)、
公表に踏み切る企業は今後ますます増えていくと見られます。

この記事が気に入ったらいいね!

お問い合わせはこちらから

各種研修・コンサルティングのご依頼を承っております。
ご要望に応じて研修プログラムのカスタマイズが可能です。
ぜひお気軽にご相談ください。