働き方改革による中間管理職の負担増をどう解消するか【Woomaxブログ】

働き方改革による煽りを受けて、
中間管理職の負担が増えているといいます。

残業管理が厳しくなり部下に仕事を振りにくくなり
その仕事を上司自身が担い、
また、より短時間でチームの生産性を上げるための
業務の見直しなども求められており、
あらゆる皺寄せが中間管理職に集中しているのです。

株式会社経営者JPが管理職以上のエグゼクティブを対象に行った調査では、
有効回答数は少なめですが
一番悲鳴を挙げているのは部長だと結果が出ています。

働き方改革によって感じているデメリットを聞いたところ、
部長クラス層は、すべての項目で全体平均を上回ったそうです。
デメリットとしては特に「業務の遅延」、
「経営陣・管理職クラスの労働時間が長くなっている」が挙げられています。

Buisiness Insider Japanの浜田敬子編集長は、対策の一つとして
複数人でのマネジャー職の分業制を提案しています。

昨今の管理職はプレイングマネジャーとして様々な任務を任されていますが、
例えばプレイヤーとしてのリーダー、
部下マネジメントのリーダーなど
それぞれの得意分野に特化したチーム性のマネジメントが
合理的ではないかと話します。

マネジャーの複数担当制は、
時短勤務の社員もアサインしやすい面があり
最近注目されていますね。

分業することでそれぞれの専門性を高めることもでき、
これまでより幅広く細分化した各領域での
スペシャリストの育成にも繋がります。

管理職になりたくない理由として挙げられる「忙しそうだから」という
イメージを払拭していくためにも
新しい発想で管理職のあり方を見直してみると良いですね。

この記事が気に入ったらいいね!

お問い合わせはこちらから

各種研修・コンサルティングのご依頼を承っております。
ご要望に応じて研修プログラムのカスタマイズが可能です。
ぜひお気軽にご相談ください。