【Woomaxブログ】働きやすさと生産性は両立できるか

働き方改革やダイバーシティを進める上で、
“あらゆる人にとって働きやすい”職場を目指すと
生産性が担保できないのでは、と不安や課題を
感じることもあるかと思います。

成功事例として、
日立製作所の取り組みをご紹介します。

同社はまず「働きやすさ」に関して、
2000年頃から段階的に
女性活躍、ダイバーシティ、ITの活用などを進めてきたそうです。

直近では、「いつでも・どこでも・普段の仕事ができる」よう
オフィス環境の改善、サテライトオフィスの利用や
リモートワークを推進しています。
この取り組みのポイントは、
「場所」を前提としていた視点から「人」を中心に考える視点へと
シフトすることだったそうです。

※画像はIT Searchより転載

そして同社でも、以上のような取り組みの結果として
働きやすさが向上すると共に、デメリットも生じたといいます。
24時間働ける環境ゆえに長時間働く人が出てきたり、
会議頻度が増えて、実務時間が取られて効率が低下するなどです。

そうした生産性を引き戻す、または向上させるため、
同社は「自律的な組織・チーム作り」を重視しました。

現場に一定の権限を与え、
ITシステムを活用して業務の自動化・効率化や
創造的業務の生産性アップなど、
自発的なプロセス改善を促したそうです。

こうして「働きやすさ」と「生産性の向上」を両立を模索することが
持続可能で強い組織づくりに繋がっていると見受けました。

働き方改革、ダイバーシティ施策に関して具体的にご相談がありましたら
ぜひ弊社問い合わせ窓口・または担当者までお問い合わせください。

この記事が気に入ったらいいね!

お問い合わせはこちらから

各種研修・コンサルティングのご依頼、ご相談を承っております。
「どのように施策を進めたらよいかわからない」
「効果の高い研修スタイルや内容を提案してほしい」
など、どんな内容でも構いません。

経験豊富なコンサルタントがお話を伺います。
ぜひお気軽にご相談ください!