「大人になったな」と思う瞬間はどんな時ですか?

新成人の人口推移

先日、1月13日は「成人の日」ということで、全国各地で成人式が行われてましたね。

今年から【新社会人】になる方々もいることでしょう。

新しい門出を応援したいところです!

ただ、総務省統計局が2019年12月31日に発表したデータによると、新成人の数は昨年と比べると3万人の減少ということが現状としてこちらでも取り上げられています。

人生100年時代と言われる今、ますます私たちの頑張りが必要だと感じました。

大人になったと思う瞬間は?

成人の日にちなんで、ウートピ編集部の方が20〜30代の働く女性に聞いていた

「私って大人だなと思う瞬間」

をという楽しい話題も見つけました!

この中で、私は

「人にはいろいろな価値観があるし、それぞれの立場がある」と考えるようになりました。

という意見に一番共感しました!
大人になったのか、丸くなったのか、それとも病気を経験したからなのか。

それこそ「多様性」を受け入れる方向で進んでいる現代社会に出ると、これまで以上に多様な人たちがいます。
私自身は社会に出てから、少なからず他人の意見とぶつかり合いながらここまで来ました。
嫌なことを嫌だとハッキリ言うにしても、言い方であったり、一度相手の立場になったつもりで考えてみたりたりする事を学びました。

そのような経験から今ではやっと少しは相手を尊重できるようになったのではないかと今になって考えています。
(まだまだこれからですが!)

ただ、まさか20代で精神障がいをに抱える事になるとは、20歳の時には一切想像もしていませんでした。

しかし、それは他の方でも何かしら病気をしたり、怪我をしたりなどなど、ある事は同じだと思います。
病気になって約5年たった今

「人生、何が起きるか分からない、この先も何が起きるかわからない!」

という覚悟ができたように思います。
その意味では、もしかしたら病気が私を大人にしてくれたのかもしれません。

人それぞれ、どのような過程を踏んで大人になっていくのかは異なりますが、一つ言えるのが

「大人の定義に限界点はない」

という事ではないでしょうか。

「大人になりきった」

と思えば成長が止まってしまうので、日々、向上心を持って活動していきたいと改めて思いました。

編集後記

逆に、「私って子どもだな」と思うところは

ドラゴンボールのゲームを一生懸命にやってるところ

です!笑
その熱量は20年前と変わらないから恐ろしいです(^^;

今のあなたは子どもの頃に思い描いていた「大人」と比べていかがでしょうか?^_^

この記事が気に入ったらいいね!

お問い合わせはこちらから

各種研修・コンサルティングのご依頼を承っております。
ご要望に応じて研修プログラムのカスタマイズが可能です。
ぜひお気軽にご相談ください。