中間管理職の負担を軽減させるために【Woomaxブログ】

立教大学経営学部の中原淳教授は、
“働き方改革の成否の鍵を握るのは中間管理職であり、
そして働き方改革にひときわ苦労しているのも中間管理職
だと指摘しています。

上層部の方針に沿って働き方改革を進めるも、
働き方改革によって部下に仕事を振りづらくなり
自分の仕事が増えてしまったケースや、
自社で働き方改革を進める必要性を感じているが
上層部が前向きでないケースなどがあるようです。

これは働き方改革に限らず言えることかもしれません。

中原教授は、中間管理職の立場である人ができることとして
2つポイントを挙げています。

一つは、「ボスマネジメント」です。
マネジメントする対象として部下だけでなく、
自分より上の立場の方々をうまく巻き込むことが大事と説きます。
前向きにサポートしてもらえるよう、
伝え方などを工夫することが大切ですね。

二つ目は、「改革の成果をなるべく早くチームで共有する」ことです。
それまでの慣習を変化させるときは
組織に不満感や葛藤が付き物です。
しかし改革初期のそうした摩擦に負けず、
成果や効果をチームで共有し、
皆で実感を得ていくことが、モチベーションを高めます。

社会や組織にとっての意義も大きいですが、
効果や成果は些細なことや個人的な内容でもよく、
「家族との時間が増えた」「健康的になった」「趣味や勉強する機会ができた」
と意味づけていくことが大切なのだそうです。
自分自身が納得感を得ることも重視すべき点です。

 

昨今は「若手や女性が管理職になりたがらない」という話も
度々聞かれます。

管理職の方々がいきいきと働いていることが
若手育成や女性管理職を増やすことにも繋がります。

中間管理職向け研修をご検討の際は
ぜひ弊社までお問い合わせください!

この記事が気に入ったらいいね!

お問い合わせはこちらから

各種研修・コンサルティングのご依頼を承っております。
ご要望に応じて研修プログラムのカスタマイズが可能です。
ぜひお気軽にご相談ください。