ジェンダーを区別しない敬称「Mx.」を採用しているユナイテッド航空【Woomaxブログ】

米ユナイテッド航空は、航空券を予約する際、
性別の申告を「Mr.」「Ms.」のほかに
ジェンダーを区別しない敬称として「Mx.」を選択できるようになっています。

こうした取り組みなどが評価され、
同社はアメリカの「2019 DIVERSITYINC TOP 50 COMPANIES FOR DIVERSITY」
(米ダイバーシティインク社が選ぶダイバーシティ推進企業TOP50)に選ばれました。

また同社を含め、アメリカン航空、サウスウエスト航空、アラスカ航空などが加入している
アメリカの航空会社の業界団体「エアラインズ・フォー・アメリカ」は
すでに「Mr.」「Ms.」以外の選択肢を設ける方針を発表しており、
順次、各社で導入されていくと見られます。

性別の多様な選択肢を設けている例としては、Facebookが特に有名ですね。
今後は世界中、日本でもこうした取り組みが広がっていくでしょう。
それと共に多様性を”インクルージョン(内包)”していく環境、風土も
作り上げていく必要があると感じます。

この記事が気に入ったらいいね!

お問い合わせはこちらから

各種研修・コンサルティングのご依頼を承っております。
ご要望に応じて研修プログラムのカスタマイズが可能です。
ぜひお気軽にご相談ください。