新卒1年目から2年目にかけて行われる新入社員研修【Woomaxブログ】

インフラシステムの設計・基盤構築を請け負う株式会社BFTでは、
新卒社員が1年目を終える3月にキャリア研修
2年目に入る4月にキャリアアップ面談を行っているそうです。

キャリア研修で「キャリアとは何か」を伝え、
それを踏まえて、具体的に自分のキャリアをどう考えるかを
面談で明確にしていく、という仕組みになっています。

キャリア研修の目的は2つあり、
「キャリアとはどういうものか」を認識してもらうことと
目標を持って2年目をスタートしてもらうことです。

研修の中では、
社会でいうキャリアとはどういうものか、という大枠から入り
社内におけるキャリアとはどういうものか、を伝えることから始まるそうです。

同社でのキャリアとは、「知識と経験」と明確に示されています。
そして知識とはどのような内容か、経験とはどのようなものかを例示し
「自ら進んで磨く」大切さを伝えます。

他に、「人脈を広げよう」という話をするそうです。
具体的には、2年目に向けて”2人”を見つけること、
1人目は、相談できる人、
もう1人は、目指すべき人、つまりロールモデルのことを指すそうです。
これはとてもイメージしやすく、新卒社員も取り組みやすそうですね。

また、「ビジョン型と価値観型」のキャリア志向タイプを紹介します。
ビジョン型は、ビジョンを描き、それに向かって進むタイプ、
価値観型は今、大事に思っているものを大事にしながら仕事をしていくタイプで
ビジョンを考えやすくする手段として示します。

そして自分とグループメンバー(新卒同期)の強みを見つけるワークをし、
会社のビジョンと価値観、社員への期待を伝え、
研修は終了となります。
これをもとに、自らのキャリアを考え、面談に臨みます。

先日も、新入社員研修が1年目から2年目にかけて行われている例を紹介しました。
じっくりと時間をかけ、丁寧にキャリアアップをサポートすることで、
自社への定着を図り、仕事へのモチベーションを高めてもらいたい
という企業が増えているのかもしれません。

この記事が気に入ったらいいね!

お問い合わせはこちらから

各種研修・コンサルティングのご依頼を承っております。
ご要望に応じて研修プログラムのカスタマイズが可能です。
ぜひお気軽にご相談ください。