メリットを知り、背景を知ることで認識が高まる【Woomaxブログ】

8日付けの日経新聞朝刊に
「『働きやすさ』知れば変わる 女性活躍推進法施行から3年 利害や不安 個別に対応を」
という記事が掲載されました。

興味深かったのは、
メリットを実感 →背景・理由を知る →女性活躍に対する認識が深まる(施策を支持できるようになる)
という提示でした。

メリットや背景を知らず、女性活躍を認識している人は
「女性を優遇するための施策」「男性にとって不公平」のような
不満感を抱いているとのことです。

逆に「女性活躍推進の”背景を説明できる”人は、
自身の働きやすさや、職場の推進対策が進んでいる実感が高い」
ことが同社の調査でわかりました。


「働きやすくなった」または「やや働きやすくなった」と回答した人は
全体の16.7%。
これを”説明できるグループ”に限ると、46.6%の半数近くまで伸びます。

「職場で女性の活躍を推進するための対応が進んでいるか」との設問に
「首相が唱えた13年前より前から進んでいる」「進んでいる」「やや進んでいる」と回答した人は
計38.4%。
そこそこ高いようにも感じますが、
“説明できるグループ”では73.4%まで高まります。

単純に比較できるものではありませんが、背景を知っている人では
2倍以上に増えています。

具体的な職場の変化を感じていることとして、
「経営層や会社から女性活躍やダイバーシティ推進を説くメッセージが増えた」の項目では
特に差が開いており、
全体で14.1%、”説明できるグループ”では42.7%となっています。
背景を知らないと、貴重なトップメッセージも
受け止められず右から左に流れていってしまい、とても勿体ないですね。

では背景を先述することが大切なのかと思いましたが、
それ以前に「残業が減った」「男女の視点が生かされ、顧客ニーズに対応できる幅が広がった」
「柔軟に働けるようになった」など
メリットをまず感じることが重要なのだそうです。

たしかに、メリットを実感しているからこそ、
背景や意義を聞く耳が持て、納得感も高まるのでしょう。
伝えたい相手にきちんと”伝わる”手法を選ぶことが大切ですね。
参考にしたいと思いました。

この記事が気に入ったらいいね!

お問い合わせはこちらから

各種研修・コンサルティングのご依頼を承っております。
ご要望に応じて研修プログラムのカスタマイズが可能です。
ぜひお気軽にご相談ください。