【Woomaxブログ】女性リーダーに期待される「組織のエンゲージメントを高める」役割

日経ウーマンオンライン創刊編集長の麓幸子氏が
女性リーダーたちに期待する2つのキーワードとして
「イノベーション」と「エンゲージメント」を
挙げています。

前者の「イノベーション」は、
モノカルチャーな組織に
女性が参画することで新たな視点が加わり、
これまでにないイノベーションが生まれるということ。

今回は、後者の「エンゲージメント」に焦点を当てたいと思います。
ここでのエンゲージメントの意味は、「社員たちの仕事に対する熱意度」です。

2017年に米ギャラップ社が発表した「エンゲージメントに関する国際比較調査」で
日本は139か国中123位、
熱意ある社員が6%しかいないと明らかになったそうです。
同社は「コマンド&コントロール(指令&管理)型のマネジメントは
若いミレニアル世代には効果的でない。
上司のマインドセットが必要」と分析しました。

女性リーダーたちが得意とする「共感型・支援型リーダーシップ」が
ミレニアル世代やこれからの時代に
組織のエンゲージメントを高める
効果的なマネジメントだと麓氏は言います。

弊社が昨日配信したメルマガでは、
来年度の新入社員の育成・定着に向けて
ミレニアル世代に効果的な(女性リーダーに限らず)
エンゲージメントを高めるマネジメント方法を一例としてご紹介しています。
ぜひこちらもご覧ください。

この記事が気に入ったらいいね!

お問い合わせはこちらから

各種研修・コンサルティングのご依頼を承っております。
ご要望に応じて研修プログラムのカスタマイズが可能です。
ぜひお気軽にご相談ください。