このマンガがくるよ【数字であそぼ・絹田村子】

竹之内幸子の独断による「2019このマンガがくるよ」はこちらです。
※私はのだめもちはやふるも俺物語も逃げ恥も話題になる前から読んでいた!(^^)!

「ミステリと言う勿れ」僕のジョバンニ」の連載を抱える月刊flowers連載ですからね。
まあ、読んでみなはれ。

文系人間は基本、数字が苦手ですね。数学なんて意味不明ですよね。
学校で学んでいるときは「こんなの実社会に出て使わないから学ぶ必要ない」とかうそぶいて学ばなかったのは私です。

でも社会人生活をもうすぐ29年ですが、やってみると、
文系な感じの研修・コンサルなんて生業にしていても
数学って大事なんだなって実感します。

正解を覚えることだけをストレッチしてきた脳は
知らないことを考えて理解することが出来ない。

「知らないことも自分で考えて解を紡ぎだす力」は実は、数学で培われる。
基本、仕事なんて顧客の課題を解決する、もしくは市場のニーズに応えるために
今、知らないことを「考えて、(理解して、GOALをイメージし)仮説を立てて、実践して、検証して、実践して結果を出していく事なわけです。
それは私の好きなことなので、ということは、私も数学が好きなのかも~(笑)
「今なら、数学、学べそう。学ぼうかな。」と思わせてくれる一冊です。

数字アレルギーの人こそ、読んでみなはれ。

お問い合わせはこちらから

各種研修・コンサルティングのご依頼を承っております。
ご要望に応じて研修プログラムのカスタマイズが可能です。
ぜひお気軽にご相談ください。