「冒険」した事で手に入れたもの

冒険をして失敗をして得たスキル

先日NIKKEI STYLEで【本業でこそ失敗を恐れずに挑戦】という記事を読みました。

記事の冒頭に「副業」が話題になっている今だからこそ、あえて本業で頑張って結果を出す「冒険」が大切・・・とありますが、「冒険」といえば、私は2012年に一度サラリーマンを辞めて、個人事業を始めました。
それは、副業としてやっていたネットショップが軌道に乗ってきたからです。

私の場合は本業ではなく、「副業」で冒険する事にしたのです!

当時は会社で安定したポジションにいた為、同僚や上司からは相当引き止められました。
(のちに双極性障がいの「躁状態」の衝動だった事が判明しました。汗)

パソコンの知識はほとんど無かったため、独学で始めました。

その後、ネットショップのノウハウを学べるスクールに通ったりもして、知識をつけ、順調に売り上げを伸ばしていきました。

そんな中で、検索エンジンのアルゴリズムが変わってしまい、突然私のネットショップが検索に引っ掛からなくなってしまったのです。

一気に収入が激減しましたが別の方法で持ち直し、なんとか危機は免れました。

その時に

「会社員時代はいかに会社に守られていたか」

という事も身をもって知る事ができました。

結局、それからしばらくして「躁状態」から「うつ状態」になったため、事業は畳む事になりました。

しかし、たとえ「躁状態」での行動だったとしても、冒険して良かったと思っています。

その経験があったからこそ、WEBやパソコンのスキルも身に付き、
今では簡単なサイトも作れるようになり、今の仕事に活きています。

失敗していなければどうなっていたかはわかりませんが、大事なのは

「失敗しない事」

ではなく

「失敗した後にどうするか」

だと本気で思います。

当時の失敗の際はリスク管理ができていなくて大変な思いをする事になったため、
今後は失敗した時のリスク管理もした上で、「冒険」をしていきたいと思います。

 

編集後記

もしかしたら、双極性障がいの「躁状態」でなければ、冒険していなかったかもしれません。
そう考えると、「病気も悪いことばかりではない」と、今となっては思えています!

この記事が気に入ったらいいね!

お問い合わせはこちらから

各種研修・コンサルティングのご依頼を承っております。
ご要望に応じて研修プログラムのカスタマイズが可能です。
ぜひお気軽にご相談ください。