男性にも「産後うつ」が存在する?

男性にも「産後うつ」はあり得る現状

 

私は「産後うつ」と聞くと女性がなるもの、というよりも

女性しかならないもの

だと思っていました。

双極性障がいという精神疾患を抱える私も、これまで聞いたことも考えたこともありませんでした。

2020年2月から

「ママをやめてもいいですか!?」

という「ママの子育て」にスポットをあてたドキュメンタリー映画が公開されるようですが、
その中で産後うつを経験した女性が経験を語るシーンがあり、その一方で

頑張りすぎて男性でも「うつ」になる人がいること

も描かれているようです。

男性の約1割がうつ状態となるという研究結果も出ていて、
なんと、産後三か月~半年の期間は父親のほうが高いというデータになっています。

母親だけでなく「父親への心理的なサポート」も必要なんですよね。

 

※下野新聞サイトより

 

経済的不安定や雇用形態なども精神状態に大きく影響する

 

男性も女性と同じで、慣れない育児休業への戸惑いや、職場復帰後に元のポジションに戻れるのかという不安などがあるようです。

育児休業に入って、これまで外に出て仕事をしていたのがずっと家にいるという慣れない環境で精神的に不安定になったり、
中には育児休業をとることで収入が減ったという話もあると聞きました。

男性の育児参加が推進されている中で、メンタルケアも同時に推進していかなければならないのだと認識しました。

私は結婚の経験がないので「産後うつ」になった事はありませんが、
双極性障がいで「うつ状態」を経験しています。

その経験から、産後にうつ状態になった男性の力になれるような機会を見つけていきたいと思います。

 

編集後記

2020年を迎えましたが、昨年は大変お世話になりました。

私、浅沼は本年も引き続きブログとメルマガを担当させて頂きますので、どうぞ宜しくお願い致します!

 

この記事が気に入ったらいいね!

お問い合わせはこちらから

各種研修・コンサルティングのご依頼を承っております。
ご要望に応じて研修プログラムのカスタマイズが可能です。
ぜひお気軽にご相談ください。