トヨタから学ぶ「人づくり」 ”持続性”と”明確な共有”【Woomaxブログ】

トヨタ自動車の人材育成論は長年、多くの経営者や人事担当者から支持され
特に「人づくりはものづくり」のフレーズは
ご存知の方も多いでしょう。

同社の人材育成に長く携わり
現在、HY人財育成研究所所長の肌附 安明(はだつき・やすあき)氏は、
人手不足に悩む某企業に以下3つのポイントを教授しています。

・人手が足りないと気付いてから取り組むのは遅い。人材育成は持続的に!
・「人づくりはものづくり」。トヨタは製造よりも前に人を育てる大切さを一貫して説いてきた
・管理者は基礎知識や業務推進法などの他に周辺知識なども教え、部下の仕事の幅を広げる必要がある

肌附氏は「トヨタ自動車では、部下の育成は管理者の仕事とはっきりと決められています」と明言しています。

“部下の育成は、管理者の仕事”ということについて、
暗黙の了解になっていないでしょうか?
そして、なぜ“部下の育成は、管理者の仕事”なのでしょうか?

豊富な知識や経験を教えるため?トップダウンが主流だったから?
さまざまな答えがあると思いますが、
明日の会社をつくっていく“人”を育てるために
それが管理職の仕事に充てられているのですね。

肌附氏のかつての上司は「教育は、忘れたころに大きな成果を生み出すものだ」と
よく言っていたそうです。

関わっている方は日々実感されていると思いますが、
人材育成は、一朝一夕で成果が出るものではありませんね。

ゆえに長期的視点で、“継続的に”取り組んでいかなければなりません。
そして、このように会社や管理職たちが取り組んでいるということを
暗黙のルールではなく、「会社全体で明確に共有する」ことが肝要です。

自社、人事部、管理職たちがどのように人材育成を進めているか、
それがどのように機能して自社をつくっているか、
こうした点も“伝承”していくことで、
持続可能性の高い会社、人づくりが成されるのだと思いました。

この記事が気に入ったらいいね!

お問い合わせはこちらから

各種研修・コンサルティングのご依頼を承っております。
ご要望に応じて研修プログラムのカスタマイズが可能です。
ぜひお気軽にご相談ください。