リケジョを支援する「資生堂 女性研究者サイエンスグラント」【Woomaxブログ】

資生堂が「第12回 資生堂 女性研究者サイエンスグラント」の
受賞者10名を発表しました。

この「女性研究者サイエンスグラント」は
次世代の指導的役割を担う女性研究者を支援するために設立され、
研究助成金100万円が受賞者に贈呈されます。

この研究助成金を研究費用に充てることももちろんながら
研究を推進するためであれば、
女性のライフイベント(出産や育児)のサポートにも使用してよいそうです。

出張に出かける際のベビーシッターや研究アシスタントの雇用費、
ライフイベントの間の研究活動のサポート費用などに充てることができます。

また、対象とする研究分野が自然科学分野全般と
幅広いことも本研究助成の特長のひとつです。

国内では、まだSTEM領域で研究や仕事に就く女性が少ないことが課題です。

先日、発表された「令和元年年版男女共同参画白書」では
研究者に占める女性の割合は16.2%、
中でも例えば、工学分野での女性の割合は6.2%でした。

その背景には、ロールモデルの少なさや働きやすい環境の整備が不十分であると
内閣府は指摘しています。

昨年までに「資生堂 女性研究者サイエンスグラント」を受賞した109名のうち、
40%以上が受賞後に昇進・昇格を果たしたそうです。
指導的地位に就く女性が増えることで彼女たちをロールモデルとして
さらなる若手育成にも期待ができます。
また、研究者においても研究領域においてもダイバーシティ化が進むことは
科学技術全般の発展にも大きく貢献すると思います。

この記事が気に入ったらいいね!

お問い合わせはこちらから

各種研修・コンサルティングのご依頼を承っております。
ご要望に応じて研修プログラムのカスタマイズが可能です。
ぜひお気軽にご相談ください。