【Woomaxブログ】ウィキペディア上の女性比率を上げる

STEM(科学・技術・工学・数学)分野は
従事する女性の割合が少なく、比率を上げるために
日本でも様々な施策が実行されています。

ロンドンでは、
性差別の解消や、同分野で働く女性に関して正しい認識を広めるため
STEM分野で働く女性たちが集まり
「ウィキペディアの編集」活動を行っているのだそうです。

ウィキペディア英語版は
・人物のうち、女性の割合は17%
・ウィキペディア編集者の8~9割が男性
とのこと。

ゆえに彼女たちは、同分野で活躍する女性や
ほかのマイノリティに関する項目を
加筆編集しているそうです。

ウィキペディアに掲載されている男女比に
偏りがある、という発想は私にはありませんでした。
こうしたところにも、私たちの印象を左右する
バイアスが存在するのですね。

BBC NEWS JAPANに掲載された
彼女たちの動画には、
STEM分野で働く女性に向けたメッセージなどもご覧いただけます。
https://www.bbc.com/japanese/video-46719397

この記事が気に入ったらいいね!

お問い合わせはこちらから

各種研修・コンサルティングのご依頼を承っております。
ご要望に応じて研修プログラムのカスタマイズが可能です。
ぜひお気軽にご相談ください。