ダイバーシティを無理なく上手に活かす方法とは?【動画解説あり】

「ダイバーシティ」

という言葉。

今でこそ

「多様性」

という意味だと認知され始めてきましたが、
それでもまだ意味がわからない人も少なくないと思います。
(私も数年前までは“お台場”の事だと思っていたので、、、恥)

今回はそんな「ダイバーシティ」について、
改めて4分の短編動画を交えてわかりやすくお届けします。

ダイバーシティを活かし合う

人はそれぞれに得意分野や個性があります。

私の経験で言うと、例えば最近、精神疾患の患者同士のSNSで見られる傾向なんかでは

・自分のネガティブな部分をオープンにしてみんなの共感を得る人
・自分の過去の苦しい経験から、悩んでるみんなに寄り添う人
・自分の前向きな闘病生活を発信してみんなに勇気を与える人
・自分が乗り越えた経験から、あえて、みんなに気合いを入れる人
・自分からは何も発信せずに、ただただ見ているだけの人

などなど、さまざまな人がいてまさに

「多様性」

の社会となっています。

それぞれに良い、悪い、などはないのですが、
ただ、属性の異なる人の意見が対立してしまうと、言い合いに発展してしまい、
非常にもったいない状況が起きたりしています。

動画内でもあるように、

「言動だけでなく、相手の背景にある“価値観”を考えること」

が重要だと言えるでしょう。

発信する方は

「あくまでも、私はそう思っているよ」

受け取る方は

「私は違うと思うけど、そういう考えもあるのね」

など、お互いの考え方は変えなくても

【価値観が違うことを理解する】

ことで、多様性が活かされていくのかなあ!と思っています。

自分の価値観も、相手の価値観も、変えなくて良いのだと思います(^^)

価値観は人の数だけ存在するので、みんながお互いに尊重しあえる関係が良いですよね!

編集後記

さて、今月から、毎週更新となったWoomax MOVIE
最新のテーマは、「多様な伝え方」です!こちらも、ぜひ、観てくださいね!

お問い合わせ

各種研修・コンサルティングのご依頼を承っております。
ぜひお気軽にご相談ください。