ロールモデル/ロールパーツの活用法と、東京都女性活躍推進大賞【Woomaxブログ】

本日は、ロールモデル/ロールパーツについてと
「東京都女性活躍推進大賞」についてです。

まずロールモデルについて。

LINE株式会社 ソーシャルメディアプランニングチーム マネージャーの
福田とも子氏は、社会人数年目の頃に
「ロールモデルはいない」と悟り、働く姿勢が変わったそうです。

というのは、「ロールモデルがいないことを自分への言い訳にしない」と
腹をくくったとのこと。
それまでは社内でロールモデルを探していて、
自身がどのような人間になっていけばよいか迷っていたそうです。

しかしロールモデル探しをやめ、「なりたい自分になろう」と思ったときから
意欲的に好きな仕事に挑戦していったと語ります。

岡敦子氏は、NTTグループで女性初の取締役。
1988年に同社に入社し、2010年にNTTナビスペース 代表取締役、
2017年からNTTレゾナントで取締役に就いていらっしゃいます。

岡氏もまた「自分のロールモデルは自分だと思っていた」と話します。
入社当時は女性管理職はほとんどいなかったといいます。

その中で、いろんな人をロールパーツとして組み合わせて
自分なりのロールモデルをつくり、目標としていたそうです。

お二方に共通するのは、理想をロールモデルとしての他者に任せず
「自分自身の理想像を持っている」こと。
ロールモデル・ロールパーツのあり方は様々ですね。
自身の目標を定める過程で、社内外のいろんな人を観察してみると参考になりそうです。

さて、東京都が女性活躍推進対象の公募を始めています。
企業・個人ともに応募可能です。
募集期間は8月30日(金)まで。
詳細はこちらからご覧ください。

この記事が気に入ったらいいね!

お問い合わせはこちらから

各種研修・コンサルティングのご依頼を承っております。
ご要望に応じて研修プログラムのカスタマイズが可能です。
ぜひお気軽にご相談ください。