【Woomaxブログ】制度を定着させる方法

福岡で明太子を製造・販売する「ふくや」では、
「地域役員手当」という制度があるそうです。
PTA活動や町内会役員、スポーツチームの監督・コーチなど
何らかの役職に就いて地域活動に取り組んでいる社員に
手当を支給する制度です。

同社がなぜこのような制度を運用しているかというと、
「人の役に立つことをしよう」という創業理念はもとより
会社にもプラスの作用がもたらされるからです。

「会社の中なら肩書きで仕事ができることもあるが
地域ならその人自身の人間力が要される。」
そうした経験、学び、ネットワークが仕事にも活かされると
と人事課長の中山氏は考えています。

また、同社は女性社員の割合が多いため
「女性が働きやすい職場づくり」にも早くから着手しており
産後、復帰する社員のサポート体制は
約20年前から実践、確立しています。
詳細はこちらをご覧ください。

これら独自の制度を社内で定着させるために大切なことは
「意識の醸成」を丁寧に行うことだそうです。

制度を運用する会社の目的を社員たちにきちんと伝え、
また利用する社員と利用しない社員の間に
温度差を生じさせないために
「制度があることは当たり前ではない」ことを啓発します。

利用者もそうでない人も理解が行き届いていることが
制度が錆びずに運用される秘訣なのですね。

※画像はcafeglobeより転載

この記事が気に入ったらいいね!

お問い合わせはこちらから

ダイバーシティ推進・女性活躍推進・ 女性リーダー育成に関する研修の実施、施策の進め方など
ぜひお気軽にお問い合わせください。