【Woomaxブログ】ジェネレーションギャップをどのように乗り越えるか

会社の雑用は誰の仕事かー?
先輩女性Aさんは、”若い女性”が担うものと考えており、
後輩女性Bさんは、”新入社員”が担うものと考えていたとします。

この雑務の担当者がAさんからBさんへ、そしてBさんからCさんへ・・と代々引き継がれていくと
Cさんが男性だった場合、Aさんには「なぜ男性がやるのか」と理解できない可能性があります。

このズレを生じさせた要因のひとつは、AさんとBさんの「世代間ギャップ」です。
世代間ギャップは、アンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)になっている場合もあり
本人それぞれにとってはそれが”当たり前”だと認識していることが多いため
話を掘り下げてみないと明白にならないことがあります。

AさんがBさんに「それは間違っている!」と頭ごなしに言ってしまうと
Bさんにとっては納得できず、Aさんへの不信感にもつながりかねません。
またBさんも、「先輩に言われたから」といって無言で従うのでは、両者の認識が揃いません。

意見や指示だけではなく、お互いそのように考えた背景・根拠をきちんと訊くことが大切ですね。
相手のせいにするのではなく、
前提と目的をそろえることで、建設的な話し合いが出来ると思います。

 

【参考記事】
https://news.nicovideo.jp/watch/nw4073082
※Photo by rawpixel on Unsplash

この記事が気に入ったらいいね!

お問い合わせはこちらから

各種研修・コンサルティングのご依頼を承っております。
ご要望に応じて研修プログラムのカスタマイズが可能です。
ぜひお気軽にご相談ください。