【Woomaxブログ】働き方改革関連法案の改正ポイント

6月に可決成立された働き方改革関連法案。
その改正ポイントがわかりやすくまとめられていたのでご紹介したいと思います。
【働き方改革を5分で学ぶ 第1回 働き方改革関連法改正とは? – 改正ポイントを解説】(別サイト)

ポイントを抜粋させていただきます。
・高度プロフェッショナル制度の導入
・残業時間の罰則付き上限規制
・勤務間インターバル制の促進
・年次有給休暇の消化義務
・中小企業の残業代割増率の引き上げ
・同一労働同一賃金の促進
・フレックスタイム制の清算期間延長
・労働時間の適正把握義務
・産業医・産業保健機能の強化

そもそも法改正の大目的は、多様な人材―男性も女性もシニアも障がい者も外国人もLGBTが
育児や介護、闘病と両立したり、それぞれの就労形態で
無理なく働き続けられる環境を整備していくこと。
この目的を深く理解することも重要ですね。

「もっと詳しく相談したい」という方はぜひ弊社窓口または担当者まで遠慮なくお問い合わせください!

この記事が気に入ったらいいね!

お問い合わせはこちらから

各種研修・コンサルティングのご依頼を承っております。
ご要望に応じて研修プログラムのカスタマイズが可能です。
ぜひお気軽にご相談ください。