色覚の違いを体験できるアプリ「色のめがね」【Woomaxブログ】

「色のめがね」というアプリを教えていただきました。

日本人男性の約5%(20人に1人)、女性の約0.2%の人が
色覚異常を持つことをご存知でしょうか。

(「色覚異常」という呼称を変更したほうが良いという議論もあるそうですが
現在は学術用語である「色覚異常」という表現が
最も共通認識を持ちやすいと判断し、今回はこちらの表現を用います。)

色覚に異常があると、例えば赤色と緑色を区別しにくかったりします。

※画像はROOMIEより転載

上2枚、下2枚の画像はそれぞれ同じ対象を写していますが、
色覚タイプによって色の見え方が異なることを表しています。

アメリカでは、色覚異常を補正する眼鏡が発売されていますが
(日本からもオンライン購入が可能です。)

「色のめがね」のアプリを使うと、
カメラに対象物を映すことで
色覚異常を持つ人が、本来の色で見ることができ、
また色覚異常を持たない人が、色覚異常があるとどのように見えるのかを
シミュレーションすることもできます。

色覚タイプは主に、一般型(C型)、1型(P型)、2型(D型)、3型(T型)があり、
個人が持つ色覚タイプやその強度によって見え方は異なります。

「色のめがね」では、各タイプをモードで切り替えて確認できます。
このアプリが無料で使用できるので、驚きました!

このツールを用いると例えば、
資料や冊子、Webサイトなどを制作するとき
あらゆる色覚を持つ人々の誰もが見やすい
ユニバーサルデザインに配慮した
配色をすることができます。

自分の目で見えているものが
必ずしも”当たり前ではない”ことに気付かせてくれます。

この記事が気に入ったらいいね!

お問い合わせはこちらから

各種研修・コンサルティングのご依頼を承っております。
ご要望に応じて研修プログラムのカスタマイズが可能です。
ぜひお気軽にご相談ください。