週末ですね!今、映画を観るなら何を観ますか?

10月の映画興行ランキング3週連続第一位は「ジョーカー」です。
もう観られましたか?

3日前、めざましテレビのニュースで、
NYでは上記シーンの階段で、ジョーカーのコスプレをして、SNSにUPする人が続出だとか、
日本でも興行収入27億円突破の大ヒットで、特徴として第一週目の出口調査で観客の4割が女性ということが取り上げられていました。

「アメコミのヒーロー感とは違って、悪者は悪者なりの背景がすごく見えて、今回深く思ったことが結構あった」
「自分のやっていることに気付いてほしいみたいなのがあって。かまってほしいじゃないけどそこが共感できるところ」

など、女性客たちが、自分のグッとくるところを吐露しているのをみると、不運・不遇の恵まれない青年が悪のカリスマになるプロセスに心惹かれている様子。

ネットの感想も、ほぼほぼ、前半のアーサー(ジョーカー)の不遇さに心を寄せ
ホアキン・フェニックスの凄まじい演技と相まって心が痛む人が続出・・・

それでも、なお、「今後はリピートする人も多くなっていく!」という予測を立てるワーナー関係者のコメントもあり、ジョーカー旋風の起こる中、
私は、このnoteの記事に共感しました。
「ほんとうはもっと与えられるべきだった」と無根拠に思いこむ人間の恐ろしさ

同じ「悪のカリスマ」でも興行ランキング第二位のマレフィセント2のテーマは
「闘いではなく調和」のようです。

私は今週末はマレフィセント2の方、観に行こうかな・・・(*‘∀‘)

この記事が気に入ったらいいね!

お問い合わせはこちらから

各種研修・コンサルティングのご依頼を承っております。
ご要望に応じて研修プログラムのカスタマイズが可能です。
ぜひお気軽にご相談ください。