ダイバーシティ時代で「相手を尊重する」とは何か

ダイバーシティ時代の到来

私は最近「ダイバーシティ」という言葉が日本でも広がってきているな、と感じています。

日本における「ダイバーシティ」について改めて書くと・・・


「多様な人材を積極的に活用しようという考え方」

のことを意味していると感じます。

多種多様な

・人種
・宗教
・思想
・性別
・年代

などの人材を幅広く受け容れ、積極的に活用していくという事です。

ダイバーシティは最初は1990年代のアメリカで広まったそうですが、その頃の日本ではあまり関心を持たれていなかったようです。

近年は日本でも

・インバウンドの急増
・少子高齢化
・若手人材の不足
・働き方改革

など、ここ数年で急に環境が一変した事で日本の企業や人材も、本格的にダイバーシティ化を求められているように思います。

学校教育を通して次世代のグローバル人材と、ダイバーシティ人材の育成と輩出を行っている、早川諒さんという方がいらっしゃいます。

早川さんが経営する会社には、合計150人ほどの

・日本人
・フィリピン人
・サウジアラビア人
・中国人
・台湾人
・その他5カ国地域

のスタッフがいるそうです。

年齢は下は18歳、上は72歳と、人種も年齢もかなり幅広いですよね!

そして、その中にはLGBT(性的少数者)を公言している従業員も多いようで、まさに多様性のある会社だと思います。

ただ、やはり多様な人材を抱える会社の立ち上げ当初は多くの失敗をしたそうです。

例えば、外国人スタッフに対しては日本での常識ではうまくマネジメントできないし、逆に他国の常識を尊重して受け入れても成果が出ないなど。

しかし、そんな大変な環境下だったからこそ自然とダイバーシティマネジメントを学んでいったと、言います。

早川さんが実感したことは

「ダイバーシティに最も必要なことは2点で、1つ目は異なる文化を知る。2つ目は企業理念やビジョンを確立して浸透させる事

だそうです。

これらはどちらかだけ、しかも一方的ではなくバランス感覚がとても大切で難しい事だと思います。

知ること、伝えること、尊重すること。

これらを実践することで、強いグローバル組織が創り上げられていくと早川さんも述べています。

会社の理念をスタッフに求めた上で、個々の考え方を尊重する事が大事なのでしょう。

 

多様化される社会において他者を尊重するとは?

日本の企業においても、世代の離れた人材やLGBT人材、外国人の人材と接する機会はこれから増えていくのではないでしょうか?

他者を知る1つの方法として、マイノリティとされている方々が集まるところへ行ってみたりすることなどは良いかも知れませんね。

自分の世界の外に飛び出してみないと本当の意味ではわからない事も多いでしょうし、とても大きな経験となると思います。

それが他者を尊重することへとつながるのではないでしょうか?

知ること、伝えること、尊重することは、ダイバーシティ関係なく、全ての人間関係にも通じる大切な事だと思います。

他者理解のために、可能な範囲で未知の世界に入っていきましょう!

 

編集後記

私は突然、精神障がい者になりましたが、もし精神障がいになっていなければ知る事のできなかった事をたくさん知りました。

健常者として過ごした経験と、障がい者として過ごしている経験を上手くあわせて、少しでも多くの人の橋渡し役になる事が目標に生活をしています!

この記事が気に入ったらいいね!

お問い合わせはこちらから

各種研修・コンサルティングのご依頼を承っております。
ご要望に応じて研修プログラムのカスタマイズが可能です。
ぜひお気軽にご相談ください。