【Woomaxブログ】どうしたら行動を変えることができるか

とても興味深い記事を見つけました。

上司が「部下の話をじっくり聞かなくてはいけないと頭ではわかっているはずなのに、
つい気がつくと自分がアドバイスばかり話してしまっている」と悩んでいます。

日本ファシリテーター協会フェローの堀先生が対話によって、この要因追究を導きます。
すると「話を聞きたい」気持ちよりも、
深層心理で「自分が優れた上司でなければならない。それを示すためにもアドバイスを提示したい」気持ちが勝り
行動がなかなか変えられないことがわかったのです。

「話を聴くことが大事」とは研修でもお伝えできるのですが、
この”自分のメンタルモデル/固定観念/思い込みを変える”ことは実は本人にしか出来ません。
小手先の行動を変えても、メンタルモデル/固定観念/思い込みが変わらなくては習慣になりません。

では周囲や組織開発として何ができるかといえば、
堀先生のように「対話」によって、本人の気付きを引き出すことです。
また、自分の問題として自覚があれば、「自己内対話」で解決できます。

“メンタルモデル/固定観念/思い込み”にアクセスすることを意識していたいですね。

【参考記事】
https://style.nikkei.com/article/DGXZZO2907983006042018000000?channel=DF011120173245

Photo by Nik MacMillan on Unsplash

この記事が気に入ったらいいね!

お問い合わせはこちらから

各種研修・コンサルティングのご依頼を承っております。
ご要望に応じて研修プログラムのカスタマイズが可能です。
ぜひお気軽にご相談ください。